エンジニアリング・サービス:Engineering Service

エンジニアリングサービスの特徴

  • プロジェクトの初期段階から完了まで、一貫した設計思想に基づくエンジニアリングサービスをご提供します。
  • 「基本設計」、「基本設計+詳細設計照査」、「基本設計+実施設計+設計監理」などのプロジェクトフェーズに応じたサービスにも、柔軟に対応します。

エンジニアリングサービスの概要

基本構想/FS (Feasibility Study)

  • お客様の年度計画、中・長期計画などに基づき、プロジェクトの企画段階における、設備投資に関わる各種計画及び検討業務を支援します。

基本計画

  • 基本要求事項である製造品目、製品規格、生産量などの与条件を整理し、プロジェクトの基本コンセプトの確立、基本設計要件の設定、敷地利用計画、プロジェクト費用、マスタースケジュールなどを作成します。
  • ご要望に応じて、ユーザー要求仕様書(URS)の作成支援を行います。

基本設計

  • 基本計画の設計思想および要件を反映し、建築、建築機械設備、電気設備、並びに各種製造機器の仕様を具体化します。

発注支援

  • 建築、建築機械設備、電気設備の引合支援(見積条件書、見積作要領作成など)および見積査定を行います。
  • 製造機器の引合支援(仕様書、調達仕様書、各種図面作成など)および見積評価(役務範囲、技術評価、見積査定)を行います。

設計監理

  • 建築/建築機械設備の施行が、詳細設計に基づき実施されていることを監理します。(施工図の照査、重要機器のFATなど)
  • 製造設備及び支援設備が詳細設計に基づき製作されていることを監理します。(製作図、確定仕様書/図書類の照査など)

製造設備及び支援設備の試運転調整監理

  • 製造設備と建築機械設備間の実施計画の調整、並びに製造設備及び支援設備のFAT/据付/試運転調整の監理を実施します。(スケジュール調整・実施要領書の照査など)

バリデーション計画支援と実施監理

  • コミッショニング、クォリフィケーション、バリデーション全般にわたる計画立案の支援します。
  • バリデーションマスタープラン作成、システム影響度評価
  • クオリフィケーション・プロトコル作成
  • バリデーション文書パッケージの取り纏め

プロジェクトのライフサイクルを通じたエンジニアリング・サービスの提供

  • 当社は、プロジェクトの計画段階から施設の運用に至るプロジェクトのあらゆるフェーズに対してサービスを提供します。

基本設計は、建設コストの80%が決まる最も重要なフェーズ

  • 私たちは、医薬品製造施設の建設において、最も重要なフェーズは、基本計画及び基本設計であると考えています。
  • プラント建設において、基本設計までに作成した仕様書及び図面で、建設コストの約80%が決まると言われています。
  • しかしながら、基本設計までに要するコストは、プロジェクト全体コストの約5%程度にすぎません。 基本設計までに定めた仕様が誤っていた場合、以降のフェーズで是正するために、多大な費用を要するだけでなく、スケジュール遅延の原因ともなります。
  • 基本計画、基本設計段階で、信頼できるパートナーを起用することが、プロジェクト成功のキーです。

プロジェクトの契約方式

  • お客様の要求、並びにプロジェクトの特性に応じて、様々な契約方式を提案します。